LOGO


圧倒的な安定性

sfwer FX業者を選ぶ際のポイントとして、スプレッドの狭さがあります。スプレッドとは、一般的には2つの商品の価格差をいいますが、FXにおいては同じ通貨の「売値」と「買値」の差をいいます。どうしてこういった価格差が生じるのかといえば、これがFXブローカーの利益となるからです。FX業者選びのポイントは他にもいろいろとあるとは思いますが、トレーダーからしてみれば、せっかく生まれるはずだった利益額が削られないかねないスプレッドは、狭いにこしたことはない、ということになります。

2010年に営業を開始したペッパーストーンは、このスプレッドが非常に狭いことで有名です。例としてポピュラーな米ドルと日本円のスプレッドをみてみると、手数料が一切発生しないアカウントでも1銭から1.7銭、手数料が発生するアカウントではなんと0.1銭から1.2銭という超低スプレッドを実現。変動制ながら安定性も確保している点も見逃せません。

相場は当然のことながらいつも一定ではありません。また、「必ず大きく変動する」と考えられるイベントもいくつかあり、その時間帯は取引が集中することから、バイナリーオプションの利益を追及するために、システムの安定性が問われることになります。アメリカの失業率といった重大な指数が発表される時間帯は要注意ですが、ペッパーストーンは、こういった事態でも、スプレッド幅を安定してキープしている、という実績があります。なぜ、ペッパーストーンは、低スプレッドを安定して提供し続けられるのでしょうか。

実はペッパーストーンにトレーダーから出される注文は、ペッパーストーンオリジナルの強固なネットワークに接続されます。電子20をこえるメガバンクと電子商取引ネットワークがペッパーストーンの取引ネットワークを構成していますが、FXや業者の平均的な構成バンク数は、一桁なことが多いことを考えると、ネットワーク規模が違う、といえ、どんな状況下においても低スプレッドを支えることができているのです。

メリットは低スプレッドだけではありません。ペッパーストーンは約定力にも定評があります。どんなにタイミングをはかって注文をいれたとしても、それが次々拒否されてしまうようでは意味がありませんが、ペッパーストーンでトレーダーのトラフィック管理をしっかり行なうことによって、サーバー負荷をコントロール。基本的に約定拒否はなしです。

取引スタイルにあわせて選べるアカウント

ペッパーストーンでは、自分のトレードスタイルにあわせて、アカウントを選択できるようになっています。どちらもインターバンク直結方式ですが、スタンダードアカウントでは商取引にカバー先を加えて安定性を増した「STP方式」、レイザーアカウントでは参加者同士で取引を成立させる「ECN方式」が採用されている、という違いがあります。

レバレッジはどちらのアカウントでも最大400倍。取引できる通貨ペアの種類も同じですが、スタンダードアカウントでは取引手数料無料、レイザーアカウントでは手数料が発生します。その分、レイザーアカウントのスプレッドはスタンダードアカウントのスプレッドより低めになっていますので、常時どれくらい取引を行なうのか、といったことを考慮して、アカウントを決定するといいでしょう。




 


レバレッジと私の失敗例


私の失敗例でお話をすると、レバレッジといって、自分が持っている現金以上の投資ができるシステムがあるのですが(審査とかあるわけではないので、意外とスムーズにできます)、リターンが大きい分、リスクもかなり大きくなります。

私はそのレバレッジというものを活用していた為、なんというか仕事の時も寝るときも気になってしょうがないという状態が続き、精神的にきつかったのを覚えています。幸いにある程度のところで損を覚悟で現金化しましたので、最小限の損で済みましたが、このタイミングを見誤ると、元本割れの大きな損を蒙る可能性もあります。

ですので個人的な意見としては、レバレッジを活用せず、投資に使えるお金を準備した上でFXに取り組まれることをお勧めしたいと思います。背伸びしない範囲でのFX投資であれば、経済の情報にも詳しくなれ、楽しい投資生活を送れますよ!


デイトレード

FXの取引がうまくなるとたくさんの利益を出すことができるようになりますが、取引方法として一番お勧めの方法と言えばデイトレードです。

デイトレードとはエントリーしてポジションを持ったら、その日のうちに決済する取引方法ですが、なぜお勧めなのかというとデイトレードはチャートを覚えればかなり精度の高い取引をすることができるからです。
また夜の急激な為替の値動きをして大きな損失を出すこともないので安心して取引をすることができるからです。