LOGO


投資取引のリターンとリスクの要因

qwere FXやバイナリーオプションは、主に通貨を使った投資取引になります。一般的に投資取引にはリターンとリスク、すなわち利益と損失という考え方があり、これに取り扱っている銘柄そのものの、モノ、の価値が変化する「価格変動」と、そのモノの流通させるための通貨為替が変化する「為替変動」による系統があるため、これに当てはめて投資取引を考えていくと、大きな区分で分けることができます。

価格変動にかかわるものとしては、金や不動産、株、先物商品などのいわゆるコモディティ市場で扱われるものがあげられます。モノの需要と供給のバランスで価格に変動が起き、値が上がったり下がったりしていきます。こうしたモノを保有していると、その価値自体も、価格の変動により変化していき、それによりリターンとリスクが発生していきます。

また、為替変動にかかわるものとしては、モノを売買するために為替レートを必要とする取り引きがあげられます。例えば国をまたぐような取引はこれにあたり、2種類以上の通貨を用いて取り引きを行えば、そこに通貨間の価値の違いがあるために、これを調整するためには外国為替市場の為替レートを基準にしていくために、そのレートの変動がこれらの価値に影響を与え、これにより、リターンとリスクが発生していきます。

このような事から投資取引を区分すると、この2つの要因から影響を受けるものには外国株取引や海外不動産が例に挙げられるでしょう。2つの要素がうまく作用すれば利益を含める可能性が多いため、大きなリターンが期待できます。
しかしながら、価格変動、為替変動のどちらかがリスク要因となってしまえば、もう片方がどんなにリターン要因になったとしても、その利益は小さいか、もしくは損失になってしまう可能性もあり、万が一、2つの要因がどちらもリスク要素になってしまった場合には、大きな損失を抱えてしまう可能性があるのです。


これに対して、為替変動にはほとんど影響を受けず、価格変動が大きくかかわってくる投資取引は、国内の株や不動産などがあげられるでしょう。国内での取り引きでは、為替相場の変動を受けませんので、株であれば株の、不動産であれば不動産の価格の変動のみがリターンとリスクの要因になります。

また、為替変動の要因だけ受けるものとしては、外貨貯金やFX、バイナリーオプションなどがあげられます。これらの投資取引は、価格変動の要素がなく、2つ以上の通貨を利用して投資を行っていきますので、そのリスクとリターンは、外国為替市場の為替相場の変化にのみ影響を受けるのです。

このように、一口に投資取引と言っても、そのリターンとリスクの要因から考えると、大きな違いがあることがわかると思います。
例えば、先に出た海外株取引などで利益を上げていくためには、その株に対する情報と為替相場の情報の2つを同時に見て分析をしていく必要があり、そのリターンが大きい分、投資取引の難易度としてもかなり高いものになっています。

投資をはじめていくと、いつかはこうした大きな取り引きをしてみたいと夢に思う事もあると思います。そうした事の第一歩も、まずは小さな取引から始まっています。
FXやバイナリーオプションは、比較的に初心者にも始めやすい投資取引となっていますので、練習と実績を兼ねるつもりで、じっくりと投資取引をしてみるのも良いのではないでしょうか。



レバレッジと私の失敗例


私の失敗例でお話をすると、レバレッジといって、自分が持っている現金以上の投資ができるシステムがあるのですが(審査とかあるわけではないので、意外とスムーズにできます)、リターンが大きい分、リスクもかなり大きくなります。

私はそのレバレッジというものを活用していた為、なんというか仕事の時も寝るときも気になってしょうがないという状態が続き、精神的にきつかったのを覚えています。幸いにある程度のところで損を覚悟で現金化しましたので、最小限の損で済みましたが、このタイミングを見誤ると、元本割れの大きな損を蒙る可能性もあります。

ですので個人的な意見としては、レバレッジを活用せず、投資に使えるお金を準備した上でFXに取り組まれることをお勧めしたいと思います。背伸びしない範囲でのFX投資であれば、経済の情報にも詳しくなれ、楽しい投資生活を送れますよ!


デイトレード

FXの取引がうまくなるとたくさんの利益を出すことができるようになりますが、取引方法として一番お勧めの方法と言えばデイトレードです。

デイトレードとはエントリーしてポジションを持ったら、その日のうちに決済する取引方法ですが、なぜお勧めなのかというとデイトレードはチャートを覚えればかなり精度の高い取引をすることができるからです。
また夜の急激な為替の値動きをして大きな損失を出すこともないので安心して取引をすることができるからです。