LOGO


国内の銀行から入金

qwere■バイナリーオプション:こんな疑問はありませんか?

【バイナリーオプションはリスクヘッジになるって本当?】

ネットなどをみていると、“FX投資のリスクヘッジとしてバイナリーオプションに取り組んでいる”とか“安全に分散投資をしたいからバイナリーオプションに取り組んでいる”といった記述が目に飛び込んできます。

でも、「これって本当?」と疑問に思ったことがある方は多いはず。
バイナリーオプションとて、リスクのある投資方法のひとつです。
これでリスクヘッジができるなんて…本当でしょうか?

さて…
上記のような理由でバイナリーオプションに取組み、うまく成果をあげている方は本当にいらっしゃいます。

「FXではうまく稼げない相場状況においてバイナリーオプションを活用する」とか「相場の予想がつかないとき、どちらに相場が動いた場合にも利益がでるよう、FXとバイナリーオプションとで異なる方向に投資を行う」といったことを上手く実践できれば、確かに“リスクヘッジとしてバイナリーオプションをする”ということは可能なのです。

しかし…そうはいったところで、これはやはりキケン!
必ずしも頭で思い描いたように取引が進むとはいきませんし、そもそも…他の投資のリスクヘッジとしてバイナリーオプションを行う(バイナリーオプションの利益でFXの損失を相殺するなどする)ためには、高い投資の知識と技術が求められますから、投資初心者にはオススメできません。

よって、「バイナリーオプションに取組むことで他の投資のリスクヘッジができる」というブログ記事などにつられ「FXに…バイナリーオプションに…先物に…」と安易に投資の手を広げるのはNG。よほど投資経験が豊富な方でない限り止めておいた方が賢明でしょう。


【気配値は信じていい?】

気配値とは、買い手と売り手の“希望価格”として示される値のこと。 
これは、市場で取引される為替の参考レートにあたるものであり、たいてい実際の取引レート(現実値)に近い値になることから、“気配値をチェックすることは相場予想に役立つ”とされています。

ただし、気配値を信じすぎるのはNG。
稀にではありますが、一般の投資家をひっかける目的で意図的に気配値が吊り上げられる…といったことも起こるためです。仕掛けに気づかずまんまと釣られてしまうと…痛い目をみることになりかねません。

やはり、まずは自分自身で相場傾向をしっかり予測するのが大切
気配値は、“自分と市場の考えが同じ方向を向いているかどうか”のチェックに利用するくらいの気持ちでいた方が無難でしょう。


【相場が変わらなかったら判定結果はどうなる?】

ご存知の通りバイナリーオプションでは、投資対象とする原資産(通貨ペアなど)を選び、その相場価格がどうなるかに関する2択を行います。

例えば…、バイナリーオプションの基本である「ハイ・ロー取引(ラダー)」であれば、判定時のレートが目標レートと比較して「上がっているか・下がっているか」の予想を実施。判定時刻のレートが予想と合っていれば配当が得られる仕組です。

仮に「判定時のレートは○○円以上になる」と予想したなら…、予想通りに相場が上向けば配当を得ることができ、予想に反して相場価格が目標レートを下回ってしまったときには投資資金を失う…ということ。

要は、目標レートを判定レートが上回ったが下回ったかが勝敗を決めるのです。

では、もし目標レートと判定レートが同じになってしまったらどうなるのでしょう?
こうした稀な状態が起きた場合に関しても、ルールはシッカリ決められているんですよ!

ハイ・ロー取引(ラダー)取引を例に見ると…
・「ハイ(HIGH)」に投資した場合の配当がもらえる条件は「判定レート≧目標レート」
・「ロウ(LOW)」に投資した場合に配当がもらえる条件は「判定レート<目標レート」

つまり…判定時のレートが目標値を上回りも下回りもしないときは、「ハイ」に投資をした人に配当がいく仕組になっているのです。

ただし、海外のバイナリーオプション業者においては、調べてみたところ、目標レートと判定レートが同じになった場合の配当に関し、具体的な説明を明記していないところも見受けられました。
利用する海外業者を選ぶ際の判断基準として、こうした稀なレートが発生したときの配当の仕組に関し具体的な記述があるかどうか…という点に目を向けてみるのもひとつですね。




レバレッジと私の失敗例


私の失敗例でお話をすると、レバレッジといって、自分が持っている現金以上の投資ができるシステムがあるのですが(審査とかあるわけではないので、意外とスムーズにできます)、リターンが大きい分、リスクもかなり大きくなります。

私はそのレバレッジというものを活用していた為、なんというか仕事の時も寝るときも気になってしょうがないという状態が続き、精神的にきつかったのを覚えています。幸いにある程度のところで損を覚悟で現金化しましたので、最小限の損で済みましたが、このタイミングを見誤ると、元本割れの大きな損を蒙る可能性もあります。

ですので個人的な意見としては、レバレッジを活用せず、投資に使えるお金を準備した上でFXに取り組まれることをお勧めしたいと思います。背伸びしない範囲でのFX投資であれば、経済の情報にも詳しくなれ、楽しい投資生活を送れますよ!


デイトレード

FXの取引がうまくなるとたくさんの利益を出すことができるようになりますが、取引方法として一番お勧めの方法と言えばデイトレードです。

デイトレードとはエントリーしてポジションを持ったら、その日のうちに決済する取引方法ですが、なぜお勧めなのかというとデイトレードはチャートを覚えればかなり精度の高い取引をすることができるからです。
また夜の急激な為替の値動きをして大きな損失を出すこともないので安心して取引をすることができるからです。