LOGO


国内の銀行から入金

qwere海外FX業者を利用するメリットは、レバレッジの柔軟さをはじめ多数あります。と同時に、http://www.ハイロー.net/というような海外業者であるということによる不便さもどうしても存在することになり、なかなか利用に踏み切れないという方も多いようです。

海外業者利用に際して二の足を踏ませる最大の要素といっていいのが海外への送金です。安全面や手間の面で「面倒」という言葉がついてまわる海外送金ですが、ペッパーストーンでは、なんと日本国内の銀行を通じて送金ができます。方法は、三菱東京UFJにあるペッパーストーンの口座に直接振込をするだけ。振込手数料はトレーダー負担になりますが、国内の銀行同士の振込なら手数料は安くてすみますし、もちろん三菱東京UFJに口座があれば振込手数料は無料です。

海外送金不要というアドバンテージ

ところでこの「国内銀行への振込」による送金、どれくらいで自分の口座へ反映されるのでしょうか。

利用者の方によると、振込が完了してから、だいたい1時間以内に反映されているそうです。ペッパーストーンのサイトにはオーストラリアの休日以外の平日9時から5時と注釈がついていますが、十分利便性の高いシステムになっているといえるでしょう。

三菱東京UFJを通じた送金のメリットをまとめてみると、

●平日の営業時間内なら30分から60分で口座へ反映

●事前に予約番号をとる必要がない

●日本の銀行なのでコンビニなどのATMやネットバンクから簡単に振込ができる

●入金先の口座を指定できる

●メール連絡等不要、振込人欄に口座番号と名前が入っていればok。

となります。



レバレッジと私の失敗例


私の失敗例でお話をすると、レバレッジといって、自分が持っている現金以上の投資ができるシステムがあるのですが(審査とかあるわけではないので、意外とスムーズにできます)、リターンが大きい分、リスクもかなり大きくなります。

私はそのレバレッジというものを活用していた為、なんというか仕事の時も寝るときも気になってしょうがないという状態が続き、精神的にきつかったのを覚えています。幸いにある程度のところで損を覚悟で現金化しましたので、最小限の損で済みましたが、このタイミングを見誤ると、元本割れの大きな損を蒙る可能性もあります。

ですので個人的な意見としては、レバレッジを活用せず、投資に使えるお金を準備した上でFXに取り組まれることをお勧めしたいと思います。背伸びしない範囲でのFX投資であれば、経済の情報にも詳しくなれ、楽しい投資生活を送れますよ!


デイトレード

FXの取引がうまくなるとたくさんの利益を出すことができるようになりますが、取引方法として一番お勧めの方法と言えばデイトレードです。

デイトレードとはエントリーしてポジションを持ったら、その日のうちに決済する取引方法ですが、なぜお勧めなのかというとデイトレードはチャートを覚えればかなり精度の高い取引をすることができるからです。
また夜の急激な為替の値動きをして大きな損失を出すこともないので安心して取引をすることができるからです。