LOGO


意外と自分でも出来る!

sfdsf私は、20代中ごろから資金の運用に興味を持ち始めました(といっても手持ちはたいした金額ではありませんでしたが)。そして前々から興味を抱いていた株式投資に着目しして以来、投資といえば株取引しかしたことがありませんでした。といっても株取引も随分と初心者なのですが、ある時本屋で株取引について色々と調べているときに、FXという文字が飛び込んできました。最初はFXなんて危なくてできないというイメージや、株取引に比べて手数料が高いというイメージだったのですが、雑誌を読んでいるうちに、意外と自分でもできそうだなと感じるようになりました。それでもそれから3か月は何も始めることができなかったのですが、いよいよFXの口座を開設し、取り組むことにしました。

最初はだれでも馴染みのある米ドルからです。だいたい1ドル100円であれば、10万円ほどあれば投資が開始できます。そしてこれは雑誌を読んでいる段階では怪しいというか絶対にそんなことないだろうと思っていたのですが、スワップポイントといって、簡単に言えば取引をしなくても通貨の金利の差があることによって、その差×保有している日数分のポイント(金額)が得られるというものです(実際には専門用語で難しい説明もありますが、ここでは私がFXを始めた段階の知識に基づいてお話しますね)。

例えば、私が実際に取引をしている米ドルでのお話をすると、日本円との金利の差が1.5%(実際、日本の通貨は他国に比べて超低金利の為、国によってはこれ以上の金利差が生じます。 イコールそれだけのスワップポイントがもらえるということになります)。

この場合、100万円で1万ドルを買った場合の年間の金利差というのは15,000になります。不思議ですが、何の取引をしていなくても、持っているだけでこれだけの収入を得ることができるということになります。私が本を読んだときに怪しい!と思ったのもうなづけますよね。もちろんドルを買う金額が高くなればなるほど、手元に入ってくるポイントは大きくなりますので、投資家の中にはこのスワップポイントを計算に入れて投資もする人もいるくらいです。

ただ、私の失敗例でお話をすると、レバレッジといって、自分が持っている現金以上の投資ができるシステムがあるのですが(審査とかあるわけではないので、意外とスムーズにできます)、リターンが大きい分、リスクもかなり大きくなります。私はそのレバレッジというものを活用していた為、なんというか仕事の時も寝るときも気になってしょうがないという状態が続き、精神的にきつかったのを覚えています。

幸いにある程度のところで損を覚悟で現金化しましたので、最小限の損で済みましたが、このタイミングを見誤ると、元本割れの大きな損を蒙る可能性もあります。ですので個人的な意見としては、レバレッジを活用せず、投資に使えるお金を準備した上でFXに取り組まれることをお勧めしたいと思います。背伸びしない範囲でのFX投資であれば、経済の情報にも詳しくなれ、楽しい投資生活を送れますよ! 

昨今では、副業などに関心を抱く方々も増加傾向にあります。もしくは何らかの方法で、お金を効率良く増やしたいと思う方々も見られるのです。

そういった時には、株式投資という選択肢が浮上してきます。実際それは、やり方次第では稼げる可能性はあるからです。
株式投資で利益を生み出した方々は、既に大勢見られます。この投資商品は、それなりに大きな利益率が見込める点に特長があるのです。
例えば、100万円を元手に投資を始めたとします。それで1,000万円前後にまで資金が増大している方々も、しばしば見られるのです。すなわち株式投資では、利益率は200や300%などを超えるという事になります。

ところで投資関連の商品は、何も株だけではありません。他にも様々な商品はありますが、利益率がやや限定されるタイプもあるのです。
例えば銀行などは、専門家に任せる投資商品をアピールしている事があります。ただそういった商品は、総じて利益率も限定される傾向があるのです。上記のように200などでなく、5前後に限定される商品も数多く見られます。したがって利益率の高さを求める方々にとっては、やや物足りないとの話も多いです。逆に株式投資ならば、大きく稼げる可能性はある訳です。

このように利益率がそれなりに期待できる点は、株式投資のメリットとは言えるでしょう。ところが、デメリットもあるのです。
確かに株式投資では、利益を生み出せる可能性はあります。しかし100%の確率で、利益が発生するとは限りません。時には何らかの要因によって、損が発生する事もあるからです。

そもそも株価は、必ずしも自分の思い通りに動くとは限りません。時には何か原因があって、自分のイメージとは違う動きが生じてしまう事もある訳です。そういった時には、やはり損失も生じる訳です。それも少なくない損失になるケースも目立ち、初期投資額の100万が全て失われてしまう事もあります。やはりリスクが存在するという点は、きちんと理解しておく必要があるでしょう。
このため株式投資では、どうやってリスクをコントロールするかがポイントになってきます。損失が発生するのは、ある程度仕方が無い一面があるのです。いかにしてそれを減らす事ができるかは、自分なりに創意工夫する必要はあるでしょう。
逆にそれを徹底していれば、それほど大きな問題は発生しない傾向があります。利益率を増やすというより、いかにして損失率を減少させるかが、株式投資では大きなポイントになるでしょう。


レバレッジと私の失敗例


私の失敗例でお話をすると、レバレッジといって、自分が持っている現金以上の投資ができるシステムがあるのですが(審査とかあるわけではないので、意外とスムーズにできます)、リターンが大きい分、リスクもかなり大きくなります。

私はそのレバレッジというものを活用していた為、なんというか仕事の時も寝るときも気になってしょうがないという状態が続き、精神的にきつかったのを覚えています。幸いにある程度のところで損を覚悟で現金化しましたので、最小限の損で済みましたが、このタイミングを見誤ると、元本割れの大きな損を蒙る可能性もあります。

ですので個人的な意見としては、レバレッジを活用せず、投資に使えるお金を準備した上でFXに取り組まれることをお勧めしたいと思います。背伸びしない範囲でのFX投資であれば、経済の情報にも詳しくなれ、楽しい投資生活を送れますよ!


デイトレード

FXの取引がうまくなるとたくさんの利益を出すことができるようになりますが、取引方法として一番お勧めの方法と言えばデイトレードです。

デイトレードとはエントリーしてポジションを持ったら、その日のうちに決済する取引方法ですが、なぜお勧めなのかというとデイトレードはチャートを覚えればかなり精度の高い取引をすることができるからです。
また夜の急激な為替の値動きをして大きな損失を出すこともないので安心して取引をすることができるからです。